子宮内膜症とその治療法について

子宮内膜症とは子宮内膜やその組織が子宮内腔以外で異所性に発生する非悪性腫瘍性疾患のことです。
異所発生部位となるのはダグラス窩や卵巣、子宮筋層などです。
この中でもダグラス窩が最多とされています。
子宮内膜症の発症には子宮内膜増殖作用を有するエストロゲンが関与するとされています。
20歳代後半以降に発症することが多く、現在患者数は増加傾向にあります。
症状としては月経時の下腹部痛や腰痛、性交痛、月経様の出血の繰り返しなどが挙げられます。
子宮内膜症は不妊症の原因となることも多く、不妊症女性の30~50%に見られます。
経膣超音波検査にて卵巣腫大が認められることで子宮内膜症と診断されます。
治療としては、ホルモン療法と手術療法があります。
ホルモン療法ではリュープロレリンの反復投与、黄体ホルモン製剤(ジエノゲスト)、男性ホルモン誘導体(ダナゾール)、低用量ピルなどが用いられます。
手術療法では、子宮内膜組織を除去する手術が行われます。