病気を治すと言う事が即ち医療と言う事です

私たち人間の体は心臓が止まれば生きてはいけない身体です。
その心臓が止まらないように人間の体は身体の隅々までいろんな構造で出来ています。
仮にも小さな傷ひとつでももしもの場合、その傷から入った黴菌などで様々な身体の部位が壊死して、いつしか心臓に辿り着いて心臓を停めてしまうと言う場合もあります。
そうならないがために世の中には医療がある訳です。
但し確実に医療が完璧と言う事ではないです。
病気を治すと言う事が医療ではあります。
医学で療養すると言う事です。
様々な怪我があり、そして症状があります。
簡単に治ると言う怪我や症状であれば良いですが、怪我が重症となる場合もあり、重症が招く重篤と言う場合もあります。
その状態を完治に導くのも医療であれば、手術して成功すれば命が助かると言うのも医療です。
そして薬剤で日々医療で監視されながら治る病気もあれば、名医によって高度な技術の手術により治ると言うのも医療と言う事になります。