医療や福祉の準備と個人と国家の役割

将来の少子高齢化の社会の中で生きていく可能性が高い自分であるとすると、そのための準備をしていくことは不可欠です。
それは何ができるかということを考えていく必要があるという意味でもあります。
いちばん悪い方法としては、何もしないという方法です。
あるいはマイナスになるような生き方もあります。
 例えば不健康な生活を送ると、免疫力が高い若い時には良いとしても、その後自分の体を痛めつけるので、医療費や生活費などがかさむ可能性が高くなります。
習慣性があるので、なかなか健康面で悪い習慣は変えられません。
そうなると、ますます高齢化した時に自分や介護をする家族苦しむことにもなりかねません。
自分だけではなく周りも巻き込み苦労をすることになります。
 そして、医療や福祉での国家の負担も増すことになります。
しかし、国家の福祉や医療政策はなくなることはないでしょうから、今の時点から変化をしたとしても、自分たちが受けられる医療や福祉面での国家からのサービスは、十分知っておき、理解をしていくことは大切です。

秘伝の技術と丁寧な手技なら藤枝市の接骨院、時田はり・きゅう整骨院へ

リンクにより公式ホームページもすぐに確認できます

http://nose-surgery.jp/
あさま耳鼻咽喉科では初診のご予約を24時間365日受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

広島で動物病院を探すなら

日本矯正歯科学会認定医が2名在籍
小児歯科治療なら名古屋市北区の城北歯科

最新投稿